自己評価結果

 Home /在園児の方/自己評価結果

令和3年度 幼稚園自己評価結果

園の教職員の自己評価に合わせて、保護者の皆様にも評価を頂き、今年度の園運営や教育活動の総括と来年度の改善に向けての課題等まとめました。

1.園の教育方針(園経営、学級経営)
課題別自己評価 園関係者の評価と課題

☆本園の保育の目標とする 幼児の姿
(1) 元気で明るく(笑顔~健康な子)
(2) みんなと仲良く(仲間~社会性のある子)
(3) 自分で考えてやり抜く(自主性・創造性豊かな子)
(4) 素直に感じ、表現する(心~情緒豊かな子)

一昨年3月から発生したコロナ禍から2年経過、コロナはオミクロン株に変異し、愛媛県でもさらに猛威を奮い、幼児への感染が広がり、家庭での濃厚接触者の報告が相次いだ。園では、園内感染者を出さないための環境を園児と共に工夫し、その上でマスク着用三密を徹底し保護者の理解と協力の下、行事については、「こどもだけの運動会」等保護者不参加で子供主体の保育に切り替えた。 その結果、子供自身が考え、話し合い、協力しあって創る保育が日常的になり、仲間としての教師、援助者としての教師、指導者としての教師の役割を理解し子供と共に楽しみ、育つ教師像が見えてきた。

☆令和3年度の指導の重点目標 次の4点です。

1.自分から環境にかかわってあそぼう。
2.自分たちで考えて遊びを創りだそう。
3.自分のことは自分でしよう。
4.みんなで考えてじぶんたちでできる仕事は協力してやり遂げよう。

1.教育課程の編成と取り組み
取り組み状況 反省・評価・改善

既に作成している教育課程、指導計画を毎期見直し、反省評価し、状況に応じて変更を重ねてきた。
今年度は新型コロナウイルス感染症の流行により、地域との交流、園外保育、行事の見直し、変更等状況判断と先を予測した保育計画を柔軟に変更しつつ、反省評価し、重点目標を達成してきた。

コロナ禍で始まった令和3年度★保護者1名限定参加行事→4月入園式、10月秋季運動会、3月発表会、3月参観日、3月卒園式 ★時間制限参加→11月作品展 の6回に限定。こどもだけの(親子)運動会、夏祭り、秋祭り、その他園内行事遠足、お泊まり保育等はコロナ対応の工夫をして子供と教師で楽しんだ。この1年間で子供達は伸び伸び遊び、考え、協力し合い、自ら動き、主体的に生活するようになった。

2.保育の計画性
取り組み状況 反省・評価・改善

一昨年と昨年の教育課程と昨年の教育課程と実践結果を見直し、指導計画は学年、縦割りで連携しながら全体で子供の興味に合わせて柔軟に対応できる形に改善してきた。コロナ禍2年目、昨年の反省と評価を生かしながら、行事も自然の中での生活を意識して何を体験させていくか状況と予想で判断しつつ計画の内容を工夫してきた。中でもウォーターランドは大人気となった。

環境による遊びを中心にした教育は、子供が満足できるまでやり遂げる時間空間と教師の子供への信頼が必要である。子供の活動をより具体的にイメージし、明日につながる環境を考えて遊びの場を提供する。今年度はコロナの発生状況と予測に関する情報を収集、更に戸外での生活を中心に時期と形を変更しながら、子供と教師が思いを共有し、目的に向かって共に働き楽しんだ。発表会も、屋外特設ステージでのびのびと行い、1年間に培った子供達の自信は大きかった。

3.保育の在り方 幼児への対応
取り組み状況 反省・評価・改善

幼児期は、発達差が大きく一律ではない。なかには特別に支援の必要な幼児も普通に生活している。その中で、全教師が連携を取り合い、視野を広げ、日々報告、反省評価し、一人一人の子供の育ちや課題を確かめ翌日の保育に生かしている。又、クラス差や教師の経験の差に対して経験豊富な教員と一緒に指導に当たる等連携を密にしてきた。

自然の変化や自然現象に気付き、疑問を持ったり感動したりする教師の姿は子供の刺激となった。環境により、子供の遊びや生活が違ってくる。環境作りや子供へのかかわりは、教師の感性や判断、気づきと創意工夫、実行力が必要である。特に今年度も、コロナ対応を意識し、戸外活動、青空教室、自然とのかかわり等を多く取り入れ、室内活動も極力開放的に空間をとる遊び、活動を意識してきた。今年度、特に自由な中にも衛生面での指導は重点的にしてきた。コロナは生きる力と生き方を学習出来た。

4.保護者への対応
取り組み状況 反省・評価・改善

コロナ禍で始まった今年度は保護者の理解と協力を得たうえで子供たちには例年以上に意識して出来る限りの体験、経験をさせたいと行事等も「こどもだけの」と銘打って子供と教師だけで行ってきた。保護者は子供が持ち帰る楽しい話を聞いて共に喜び園からの準備のお願いを、子供に託して下さっていた。保護者アンケートからも教師達への労いの言葉は何よりの力となっている。

コロナ禍で社会では、学校も含め、様々な行事や集会が中止となり、自粛一色となった。家庭訪問中止に続いて保育参観、総会、保護者参加の行事が中止となる中、密にならない個別懇談のみ辛うじて行うことが出来た。しかし、保護者には「こどもだけ」の行事に変更したことに感謝の言葉をたくさん頂き、教師には励みとなった。子供達も大人がいない、子供だけの社会で伸び伸びと生活し、教師の援助も見守る、共に楽しみ手助けする新しい理想的な形となった。その中で、子供の著しい成長の姿がみられ感動した。

5.保育教員としての資質
取り組み状況 反省・評価・改善

保育教員、職員が連携を取り合い、その子に合った援助を必要なときにしていくようにしている。また、保育の質は環境作りと保育教諭の人となりで決まることから、毎日のミーティングで、反省、評価をできる限り行い翌日の保育に繋ぐようにしている。また、研修にも極力参加し実践力を高めている。

本園の保育形態は担任だけが自分の思い込みで子供を判断指導しないで問題が生じた時は、多数の教師の目で確かめ、考えた上で判断し適切な援助が出来るように努めている。また、経験によるクラス格差も子供を多方面からみて指導助言することで一人一人の個性を伸ばすことができると考えている。  毎日のミーティングが、マンネリ化状態にあり、効率的且つ内容の濃い会になるよう工夫改善が必要ではないか。又保育以外の仕事の効率化も課題である。

6.地域とのかかわり、地域子育て支援
取り組み状況 反省・評価・改善

下記の地域交流活動
●が今年度は中止
○は新たに地域の援助、交流があった物
●老人介護施設4カ所の交流
◎夕涼み会は「こどもだけの夏祭り」に変更 ○田植え、稲刈り、サツマイモ等栽培収穫 地域から秋祭りの獅子舞、神輿出張披露 ※就園前保育、学童保育、教育相談、園庭開放等地域の子育て支援活動を行っている。

今年度も地域の行事、施設訪問がすべて中止となった。そのため、園内活動を十分に楽しむゆとりがあった。逆に、地域の方々の心遣いで「こどもだけの秋祭り」では、御神輿、獅子舞が園を訪問。子供達に演舞を振る舞ってもらえて園内秋祭りを盛大に行うことが出来た。また、地域の方々から何種類もの柑橘類や馬鈴薯等差し入れがあり十分に食育を楽しむことができた。老人施設交流はできなかったが、卒園児全員に卒園祝のノートを届けて頂き子供達とお礼を届けた。

7.研修、研究 
取り組み状況 反省・評価・改善

•園内研修
 外部から講師を招いての園内研修は叶わなかったが、その分園内の話し合いは十分に重ねてきた。環境のあり方、コロナ禍の遊びと環境のあり方について先輩保育教諭のアドバイスにより実践の場で研修を重ねている。保育後のミーティングも欠かせない。
•園外一般研修
 公的機関による研修、全国、県、中予地区 研修、学習会に極力参加しているが、今年度は全てリモート研修となった。園内で研修を受けられることで、参加しやすかったが、中には対面式研修での人間関係面での物足りなさもあった。

公的機関、及び私立幼稚園研修が、年度前半は中止となった。  コロナ禍で認定こども園では、学校が休校になっても休まず仕事に従事している保護者の子供が一人にならないよう極力開けておくよう依頼を受けて開所していた。一時期は園内研修でもこのような大変な時期に幼児を預かる仕事が社会を支える重要な役割を担っていることを確認し合い勇気づけあった。そのなかで「こどもだけ」の行事で子供達が喜び、笑顔いっぱいで楽しむ姿に教師としてのやり甲斐と学びがあることを確認しあった。このことが何よりの研修となった。  情報交換の場として大切な時間である毎日の反省会の在り方については更に改善しなければならない。

★施設の利用 
令和3年度は更にコロナがオミクロン株に変化し、幼児の感染率が高まった。今年度はマスクをできない保育園児を屋外遊ぎ場 第2園舎に移し分散して保育を行った。保育園児については2年間感染者・濃厚接触者がなく、幼稚園も濃厚接触者と外部からの感染者が単発にあったものの園内感染者がいないという状況は、保護者の皆様の感染予防対策と濃厚接触の場合等は即座のご連絡を頂いたご協力の賜物であり感謝に絶えません。  工事中の屋外遊ぎ場の遊び場工場が進み、公募により「さんさんらんど」として4月には子供達の遊び場の利用が出来ることとなっている。3月19日には卒園児全員が1本づつ記念植樹を行った。5月ころには可愛い花を咲かせる事でしょう。6月完全完成の際は卒園児も同窓会をかねて招待予定。  コロナ禍で工事は大幅に遅れたが、子供達は工事中の機械や車、現場の方々との交流や日頃出来ない体験をしてきた。
◎会計面での監査は監査法人により既に終え適切であるという評価を頂いております。

学校評価 保護者アンケート結果報告

令和3年度保護者アンケートのご協力ありがとうございました。 幼稚園児421名中372名の方、88.5%の方のご協力を得ることができました。この結果は、今後の園の運営に生かしていきたいと思います。アンケートの内容が自分のお子さんの育ちの面での評価になっているものがありましたが、この時期の子供達は発達や成長の仕方がそれぞれ違います。他の子との比較ではなくて、日々のお子さんの成長を見つけ、見守り励ましてください。お子さんが園生活を楽しんでいる姿や、好奇心、感動の心、集団生活に必要な態度の育ちについては362名の方からA~B以上の評価を頂いております。問題点については少数ではありますが個人的な思いもお書き頂いておりますので、参考までに集約して公表させていただきます。
①幼稚園に行くのを楽しみにしている
A 267名 72%
B 95名 26%
C 9名 2%
D 0名 0%
②安心して自分の思いを出し元気に遊んでいる
A 261名 69%
B 106名 28%
C 6名 2%
D 1名 1%
③友達と一緒に過ごす楽しさを味わっている
A 310名 83%
B 61名 16%
C 2名 1%
D 0名 0%
④遊びや集団生活に必要な決まりを知り守る
A 247名 66%
B 119名 32%
C 7名 2%
D 0名 0%
⑤興味関心・好奇心・感動する心が育っている
A 295名 79%
B 76名 20%
C 2名 1%
D 0名 0%
⑥自ら遊びを作り出し幼稚園生活を楽しんでいる
A 284名 77%
B 83名 22%
C 5名 1%
D 0名 0%
⑦楽しさや達成感を味わい自信を持って行動する
A 244名 66%
B 124名 33%
C 5名 1%
D 0名 0%
⑧自己を発揮し、学び合う様子がみられる
A 227名 61%
B 133名 36%
C 12名 3%
D 0名 0%
⑨学級の中で幼児1人1人が大切にされている
A 225名 69%
B 105名 28%
C 13名 3%
D 0名 0%
⑩人への信頼感、自己抑制力が育っている
A 211名 57%
B 148名 40%
C 13名 3%
D 1名 0%
⑪誰にでもよく挨拶をしている

A 158名 42%
B 159名 43%
C 50名 13%
D 6名 2%
⑫体を動かして遊び、逞しさが育っている
A 291名 84%
B 78名 15%
C 4名 1%
D 0名 0%
⑬生命尊重・自然を守る取組みがされている
A 255名 69%
B 108名 29%
C 9名 2%
D 1名 0%
⑭幼児の育ちを保護者に伝えている
A 203名 55%
B 145名 39%
C 24名 6%
D 1名 0%
⑮園はコロナ禍で子供に最大限の体験をさせている
A 218名 59%
B 117名 31%
C 28名 8%
D 10名 2%
⑯園は悩みや相談に親身に対応している
A 213名 57%
B 128名 34%
C 31名 8%
D 1名 1%
⑰保護者同士よく挨拶し親しく交流している
A 122名 33%
B 152名 41%
C 76名 21%
D 18名 5%
⑱後援会活動に、保護者は関心が高く協力的である
A 153名 41%
B 166名 45%
C 46名 12%
D 7名 2%
⑲園は教育目標や重点目標を分かり易く伝えている
A 203名 55%
B 147名 40%
C 23名 5%
D 0名 0%
⑳教育方針等は幼児、家庭の実態に合っている
A 233名 63%
B 131名 35%
C 8名 2%
D 1名 0%
★保護者アンケート考察 
コロナ感染症2年目は、オミクロン株に変異し、幼児にまで感染が拡大して来た。そのため園は幼児の園内感染の予防に、より力を注ぐこととなった。しかし教師達は幼児の生活と、幼児期に必要な園での経験は何としても守りたいと力を注いで来た。そのためにはどうしても保護者には協力と理解を得る事が最大の条件となった。おかげさまで大半の保護者の励ましと理解によって、全身全霊で子供達に対して必要な経験をさせるために力を注ぎ切ったと教師達は後悔はないと思っている。しかし、このアンケートから浮かんできた保護者と保護者のコミュニケーション不足、そして残念ながら保護者の招待なしの行事により、1部の保護者には幼稚園の思いが伝わっていなくて誤解を招いたり、子供の園での姿をみることができない不満も見えて来た。仕方のないこととは言え、幾度かの保護者参加の行事で濃厚接触のないよう安全対策を練ったお陰で感染はなかったものの感染の危機にあった事を考えると何を優先するかの判断はいたしかたないことかと思っている。
1.行事について
今年度はコロナ禍の中での保育ということでそれに関する内容を多く頂きました。 ・コロナ禍の中で、大きな行事を中止する事なく、出来る方法を考えて、またいろいろな対策を講じて行ったことに対して感謝していると言う言葉をたくさん頂きうれしく思います。また、「こどもだけ」の行事を理解しご協力頂きました事改めてお礼申し上げます。
2.要望・提案
・行事の予定又は変更を早めに知らせてほしい →申し訳ありません。コロナ禍の中で、濃厚接触者や感染者の状況や報告は前以ての予測ができません。どうしても報告があって決めることになります。すべて中止にすれば園としても楽ですしお仕事には支障がないのだろうと思いますが・・・。園としては頑張っている子供達のために何とかご協力頂いて、出来る事を出来る時期に出来る方法で安全対策を選った上で行っています。発表会についても少数ですが、寒い、狭い、戸外はやめてほしい、地味等のご意見がありました。発表会をするにあたって、それらの対策をお願いした上で実施させて頂きました。
・スポーツ教室に鉄棒やマット→計画の中にいれて頂きます。
・事務所の対応について→入園手続き・保育時間調整等利用にあたって複雑な条件があります。どうぞ、遠慮なくご相談下さい。
・コロナでのいじめのない教育?→コロナにかかっても、園では決して公にしませんし、子供達はかからないための指導はしますが悪いことであるような教育は致しません。ご安心下さい。
・ブログがピンポイント→ブログは保育のある日は毎日ですので、本園の保育内容と子供の育ちを知って頂きたいのであえてピンポイントで掲示しております。
・「こどもだけ」の行事の動画又はオンライン配信希望→幼稚園では全教員が全力で一体となって保育に当っております。特に「こどもだけ」の催しは尚更です。そこまでのゆとりがありません。毎日のブログでも、日によっては夜中になることもあります。ご理解ご協力お願い致します。
・その他、多くの方から 教師の負担を心配してくださって激励の言葉を頂きました。しかし、子供達から、コロナのせいで一生の思い出になる貴重な経験や体験を、奪う訳には行きません。子供達にはこの1年は2度とない1年でもあります。私達はそんな子供達の1年を無駄に出来ないという使命感から保護者の皆様にも同じ思いでいて頂きたくおもいます。園内で出来る行事も土曜日は、小学生や子供を連れての参加の方が増え、密集になり、園の職員では対応に限界があります。コロナ禍のなか教師達も子供達のために、日夜奮闘しております。保護者の皆様のご理解、ご協力、労いの言葉は、何よりの力となっています。ありがとうございました。スタッフ一同、これからも、子供にとってを第一に頑張って行きますのでよろしくお願い致します。
※隣接している山西団地には約300世帯の方が住まれています。各行事の際や園児の送迎、団地公園への寄り道などご迷惑をおかけしているにも関わらず、今までもあらゆるところでご協力頂いております。団地の自治会の方々と、定期的に情報交換をし、行事等の共催などコミュニケーションを図りながら地域の活性化を図っております。保護者の皆様にも子どもたちのためにご協力お願い致します。 特に、毎日の送迎、行事時のお車の駐停車、スピードの出し過ぎにはご注意、ご協力ください。
(文章内の幼児と子供の標記について→幼児は発達の時期の名称、子供は園児以上の通所で記載)