幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2024年6月20日 木曜日

今朝一番にぞう組のMちゃんが私を見るなり、焦ったような嬉しいような、なんとも言えない表情で走ってきました。Mちゃんが矢継ぎ早に「先生、ぱんださんとりすさんのトマトを置いてるところには“おやすみ太陽”が当たってて、トマトは“おやすみ太陽”よりも“おはよう太陽”の方が好きで大きくなれるんだけど、こっちの場所は“おはよう太陽が”たくさん当たる場所で、そっちは団地の陰になってて夕方のすぐ沈んじゃう“おやすみ太陽”が当たる場所で…!!」と話し始めました。「ちょっと待って!ちょっと待って!」とぱんだ組とりす組の子どもたちを呼んできました。「お姉ちゃんが大切なこと教えてくれてるから聞いてね!」と言うと、ぞう組のMちゃんが「あのね」と、私たちのトマトを置いているプランターの場所がよくないことを年中さんにもわかるように丁寧に話してくれました。

IMG_1451

と、いうのも、年長のぞう組・らいおん組はトマトの苗を植える時にその中で一番元気そうな苗を選んで植えたはずなのに、くま組・きりん組のトマトの苗の方がぐんぐん大きくなって目に見えて分かるほど生長に差が出てきたのです。じゃがいもや玉ねぎのことで野菜の世話に反省があった年長児たちはどのクラスも変わりなく一生懸命観察したり世話したりしていました。「なのにどうしてだろう?」とぞう組とらいおん組さんで頭を悩ませました。いくら考えてもわからないので古森先生に相談しに行ったそうです。そこで聞いたのが「おはよう太陽」と「おやすみ太陽」のことだったそうです。よく生長しているトマトは最初から朝一番のお日様「おはよう太陽」がきらきら光るところに置いていて、伸びていない方のトマトは植えてから数日間、実は「おはよう太陽」の陰になってしまう場所に置いていたのです。一番お日様を求めていた時期に置かれていた環境の違いで生長に差が出ているということに年長さんたちは教わったそうです。ぞう組とらいおん組のトマトのお隣に置いていたぱんだ組とりす組のトマトのことが心配になってMちゃんは古森先生に教わった直後からそわそわとH先生に「先生、年中さんのトマトもあそこに置いていたらだめよね。早く教えてあげないといけないよね」とつぶやいていたそうです。それを聞いたりす組のIちゃんは両方のほっぺたに手を当て「えぇ~!」と驚いていました。「お引越しせんといかん。トマトに足はないんよ。」と言って年中の子どもたちが力を合わせてわっしょいわっしょいと重たいプランターを「おはよう太陽」がたくさん当たる場所(年長さんのトマトのお隣)にお引越ししました。

IMG_1468 IMG_1456

これで一安心♪と思って遊び始めたところに今日は新しい遊びが出ました。みんな大好きシャボン玉です。コロナ禍以前は毎年梅雨明けの時期に自分で石鹸を削ってお湯で溶いてその量を調節しながら遊ぶシャボン玉の環境がありました。コロナでいろいろと遊びに制限もあり、息を使うシャボン玉は集団生活ではタブーとなり、しばらくお休みだったのです。今回は古森先生が新しくシャボン液をたくさん用意してくれました。

IMG_1489 IMG_1494 IMG_1504 IMG_1483

教師がストローをふ~っと吹くと子どもたちが「何々~!いいな~!!」とあちらこちらから集まってきました。でもそこに市販のシャボン玉のストローはありません。でも三葉っ子は天才なので心配ありません。廃材を切っていつの間にかいろんな吹き口ができていました。年長のAちゃんはラップの芯で太いストローを作りました。そ~っと吹くとぷ~っとシャボン玉がふくらみました。ですがラップの芯は離れが悪いようで、試行錯誤の末Aちゃんが吹き終えるとその芯を体ごとぶんっと振ってねじり切るようなスタイルを生み出していました。いろんなところでふわ~っとシャボン玉が浮かび始めた頃、古森先生が園庭にイイ物を持って来てくれました。そのイイ物でぱたぱた~っとシャボン玉を仰ぐと高く高くのぼりはじめました。その様子を「いいな!ちょうだいちょうだい!」と口をあけてぴょんぴょん飛び跳ねてみていた子どもたちに古森先生がイイ物“うちわ”を渡してくれました。いつのまにか園庭はシャボン玉とうちわのぱたぱたでいつにも増して子どもの笑顔がいっぱいになっていました。

IMG_1507 IMG_1512

シャボン玉で夢中になって遊ぶ一方で、うさぎ組のMくん達が「先生、畑にナスさんとピーマンさんたち見に行かないと!」と教師に訴えに来ました。昨日のブログにも書きましたが、昨日年中児は畑の野菜の声を聞きました。なかなか会いに来れなかった(世話しに行っていなかった)ことを反省し、また来るねと約束していたのです。(そしておいしくナスの塩もみと生ピーマンを頂きました。)今日も年中4クラスで駐車場の畑に出かけました。「お水あげんといかんよね」とジョウロに水を汲んでいきました。野菜たちに子ども達が当たり前のように「おはよ~」と声をかけます。その姿がなんともかわいくて教師たちは目を合わせて思わず笑ってしまいました。

IMG_1525

水をあげるジョウロ隊と草抜き隊に分かれて野菜の世話をしました。「あなたは栄養どろぼうなのかい?」と雑草に尋ねながら草抜きをする子、雑草を抜いた物を左手に持ち、右手の人差し指で突きながら「こらっ!」と怒る子もいました。りす組のYくんは「先生大変!雑草が栄養取りすぎてお花がきれいに咲いてる」と怒りつつも、「でもクローバーの形でかわいいね」と優しい一言。うさぎ組のMちゃんは「栄養とったらだめよ」と言って抜いた雑草のお花がかわいくてポイっとできず、困っていたので「どうしたの?」と聞くと「かわいいから捨てられないの。」と言いました。「持って帰ってもいいよ」と答えると表情がぱぁっと明るくなって喜んでいました。きゅうりの畑では葉っぱの陰に太い大人のきゅうりがあることに気付きました。子ども達が耳に手を当ててよ~く聞くと「早く採って!」ときゅうりの声が聞こえたそうです。その横にある赤ちゃんきゅうりからは「もっと大きくなってから採って!」と言っていたそうです。昨日は教師の腹話術の野菜の声でしたが今日は野菜たちから自然に聞こえてきたそうです。年中ならではの幼さと素直さがかわいらしくて教師たちは顔が緩みっぱなしです。からかうのもほどほどにとは思いつつ、畑先生・野菜先生のお世話になりたいと思います。

IMG_1528 IMG_1533 IMG_1536

今日はミキスタディのお友達と先生が三葉幼稚園に遊びに来てくれました。今年度も交流で何回か遊びに来ることを話すと子どもたちは大喜びでした。ぱんだ組のAくんはお見送りの時も「また来てね」と手を振ってにっこり笑っていました。これからよろしくね♪

IMG_1550

トラックバック
コメント (畑は先生、野菜も先生?  ぱんだ組 富田瑞穂 はコメントを受け付けていません)

2024年6月18日 火曜日


今日は6月3日に園庭の土の入れ替え工事を行ってから初めての大雨の後の園庭遊びとなりました。子ども達も涼しい風の吹く中で「わぁ~い‼」と裸足で走っていきます。雨の後の土はふわっとしており年長児達は砂を踏んだ時に「やわらか~い」と自分の足が少し沈む様子を見たり足跡をつけて遊んだりしていました。

そんな中、水たまりのある所では色んな学年の子達が混じって遊んでいて砂を掘って水たまりを深くしたり、水路を作って遊んだりと服をドロドロにしていてダイナミックに遊ぶ様子を見て自然と笑顔になりました。また、年中児のI君のグループでは泥で山を作って、泥になっていない砂を上にのせて「ぺたん、ぺたん」と叩いていました。すると、その砂が泥に沈んでいく様子に興味をもっており「うぉー!」と興奮して「もっともっと砂を乗せて」と指示して時間いっぱい遊んでいました。お餅のようにぷるんぷるんの泥山を大きくしているとY君も入って泥山に絵を描いてはぺたんと叩いて平らに戻してを繰り返し「何回でもお絵描き出来るね!!」と遊びの中で興味をもち科学を学んでいる子ども達を見て『遊びはかがく』ということを大切にしている三葉幼稚園らしい雰囲気が見られたなと思いました。

IMG_6315IMG_6320IMG_6321IMG_6338IMG_6347IMG_6345

戸外で十分に体を動かした後、年中児はアルバム整理をしました。今日の内容は新園舎完成の写真とじゃがいも掘りです。写真を見ると「工事のおいちゃんだ〜!」「ヘルメット嬉しかった」等とその時の事を思い出して嬉しそうにしていました。女の子の中には「お部屋綺麗に使いますって約束したんよね!!」と教師に言ってきたので「そうだね」と言うと「ちゃんとぞうきんで掃除してるよ」とニコッとして言っていました。絵では、工事の車を見ている所を描いたり、働く車を描いたりと新園舎建設中に印象に残ったことを一人一人がしっかりと考えながら仕上げることが出来ました。また、じゃがいも掘りの写真では年中組になり、ハサミも少しずつ上手に使えるようになった子ども達!!描いた絵を上手に切り取るとバラバラに貼りたい所に貼ってお母さん芋の話を教師としたり今度は自分達がじゃがいもを植えに行くことに期待をもちながら仕上げる事が出来ていました。

IMG_6354IMG_6352IMG_6350IMG_6369IMG_6376IMG_6371IMG_6370

トラックバック
コメント (「泥って気持ちいね〜!」 うさぎ組 笹本 慎悟 はコメントを受け付けていません)

2024年6月14日 金曜日

新園舎が完成するまでの1年と2か月、団地の横の本園舎と屋外ゆうぎ場の仮園舎とに分かれて生活をしていました。仮園舎での生活は、保育園・プレ年少・年少・年中2クラスということもあり、泥団子を作るにも雨上がりの園庭の水たまりでとった泥を団子にして、ちびっこハウスの前の雨に濡れていない砂をかけて、丸めていました。新園舎に戻ってくると泥場があり、そこに水を入れて、団子を作り、泥場の横の砂でさら砂を作って、かけて丸めまていました。工事の前も本園舎で過ごしていた年長さんは、どこでさら砂を作ればいいか分かっていました。

IMG_0459IMG_0464IMG_0467IMG_0468

また砂場も屋外ゆうぎ場の砂場は、手作りの小さな砂場で、数人入ったら満員状態で、山や川は造れず、仕方がなくままごと遊びをしているという状態でした。本園舎に戻ってきて、砂場で遊ぶのに、工事前の砂場で遊んだことのない年少さんは、小さな穴を掘って、そこに水を入れたり、カップケーキを作ったり、ままごとをしたりと細かい遊びで、どことなくダイナミックな山や川を造る様子は見られませんでした。そんな中今朝、砂場で年長さんが川を造っていました。その後年中・年少さん達に引き継がれて、大きなホースを使って、水を流したり、川が浅くなっているところがあると深くしたりと、砂場全体に川ができて、どの子も裸足になって、服が泥んこになっても、何も気にせず、川に入って、水や砂の心地よさを味わっていました。

IMG_0466IMG_0469IMG_0471

やっぱり年長さんです!新園舎ができる1年少し前、本園舎にいて、その頃の年長さん達が遊んでいるのを見て、見よう見真似をしてやっていって、いつしかやり方を覚えていたのでしよう。

新園舎ができた今、全学年が本園舎で過ごすようになり、覚えていた年長さんが砂場や泥場で遊ぶことで、経験のない年中・年少達が見よう見真似で、今学んでいます。

以前のように砂場でのダイナミックな川や泥場でのさら砂作りなど、楽しむ様子が見られ、とても嬉しくなりました。三葉ならではの姿だと思います。そしてこうやって次の年代に三葉っ子の遊びが受け継がれていくのだと思いました。

 

そして年長さんが新園舎に入る時、盆踊りを踊っていました。それを見ていた年中・年少さんも混じって踊ろうとしていました。年長さんの中に入ると、小さい子ども達はついていけないので、年中・年少で踊ることにしましたが、盆踊りを踊っている年長さんを見て、真似をして踊って、覚えようとしています。また全員でにぎやかに盆踊りができるのか楽しみです。

IMG_0472IMG_0473IMG_0474IMG_0475IMG_0476IMG_0477IMG_0479

トラックバック
コメント (「さすが!年長さん!」    さくら組 谷川幸実 はコメントを受け付けていません)

2024年6月11日 火曜日

 広い園庭でのびのび身体を動かして遊んでいる子ども達は、毎日色々な刺激を受けながら生活しています。進級して2ヶ月が経ち、本園に帰って新しい園舎で年長のお兄さんお姉さんの遊びに刺激を受けて「私もできる!」「やってみる!」と挑戦する年中児の姿が沢山見られました。ジャングルジムや太鼓橋、つりかんでは年長児がひょ〜い!と次々とやってみせてくれるので、年中児の「やってみたい!」の気持ちがくすぐられます。

IMG_2301IMG_2303IMG_2306IMG_2314IMG_2307

 今日、フラフープで遊んでいたりす組3人組はそれぞれ自分の技を見せ合っていました。Fくんは「Sくん首で4回廻せたよ〜」と首で廻し、Sちゃんは「見てみて〜」とフラフープをスピンさせてみせ、Eちゃんは、フラフープ廻しの記録更新中です。フラフープであそんでいる3人組は、やっている内容はそれぞれ違っているのですが、「出来た!」という気持ちはお互いに共有され、お互いに喜び合っていてとても微笑ましく思いました。

IMG_2317

 今日は、歯科検診がありました。お医者さんが歯を見てくれるということで「あーーーん」と大きな口を開ける練習をしたり、静かに待つように抜き足差し足の忍者になって並んだり、ドキドキしながらも楽しみに順番を待つ子ども達の気持ちが教師にも伝わってきました。お医者さんに「お願いします。〇〇です。」お自分の名前を言ったり、お礼も丁寧に一生懸命伝え、終わった子は満足そうに終わった子の列に並んでいました。ぱんだ組のHくんは、ぱんだ組のトップバッターということもあり、とても緊張していましたが、「怖くなかった〜!」と終えるとぴょんぴょん跳ねて教師の元に帰ってきたそうです。

IMG_2320IMG_2324IMG_0523

 今週、来週には内科検診もあります。自分の身体に関心を持ち、健康に過ごせることを共に喜び、毎日幼稚園で友達と遊べる楽しさに気付かせたいと思います。

トラックバック
コメント (「色々なことに挑戦!」 りす組 大隅咲 はコメントを受け付けていません)

2024年6月9日 日曜日

本園舎での生活が始まり、もうすぐ1ヵ月が経とうとしています。いろいろなことが変わり戸惑っていた子ども達も、徐々に慣れてきました。

子ども同士の距離もぐんと近くなり、以前よりも一層、一緒に遊ぶ姿が見られるようになりました。絵本を持った2〜3人の子が、保育室のコーナーのベンチに座りコソコソと話していました。何だか楽しそうなその雰囲気に誘われて1人、また1人と引き寄せられ椅子はあっという間に満員です。すると、誰かが大きな声で❞わにのかぞく❝の手遊びを始めました。すぐに周りの子ども達も真似して歌い始め、大合唱になりました。また、別の日には❝アンパンマン❞の手遊びの大合唱もありました。子どもたち同士過去を見合わせて、とても楽しそうな笑顔を見せ歌う姿に、こちらも釣られて笑顔になりました。手遊びのあとは、身体の後ろに隠していた絵本を取り出して、それぞれが先生になって絵本の読み聞かせが始まりました。なんとも言えないかわいい時間です。

PXL_20240603_070131247 PXL_20240603_070142046 PXL_20240604_000732896 PXL_20240603_070151592

 

月曜日、園庭の砂を入れ替える作業も終わり、子ども達は保育室から見える働く車に「バイバイ!!」とお別れしました。子ども達は陽の光を浴びないとビタミンDが不足してカルシウムを摂っても骨が丈夫にならないと古森先生に助言していただいて、早速、じゃがいも掘りへ行く幼稚園さんを見送ったあと園庭へ遊びに出ました。進級時の多いれもん組ですが、最後に遊んだのは1年も前です。どの子も目を輝かせ、靴を履くと走り出ました。砂場奥のスペースへ着くと、何人もの子ども達がうさぎ達との再会に手をうさぎの耳の様に頭に当て「うさぎ~!!」と大喜びでした。見たことのない大きな台に自分だけの力でよじ登り下にいる友達に手を振ったり、ロープに手を伸ばし触ってみたりと思い思いに遊んでいました。屋外遊ぎ場とはまた違った体験・経験を子ども達にたくさんさせてあげるためにも、積極的にテラスや園庭に出て、外気に触れながら元気いっぱい遊びたいと思います。

PXL_20240604_005146121 PXL_20240604_004948216 PXL_20240604_005608492 PXL_20240604_004245458 PXL_20240604_010640249 PXL_20240604_005308175 PXL_20240604_005153686

トラックバック
コメント (みんなであそぼ! ひよこ れもん組 青木千雅 はコメントを受け付けていません)

2024年6月6日 木曜日

昨日はレインボーファームでさつまいもを植えた年長児たちは、おじちゃん、おばちゃんに「水やりと草抜き」のお願いをして帰ってきました。そして今日は、子どもたちが年中のときに植えたじゃがいもを収穫する日です。「草抜き行けてないね」「草にお芋の栄養とられてないかな〜?」と心配しながら子どもたちは秀野邸へ出発しました。

IMG_7460

そして、秀野邸に到着して畑に入ってみると、じゃがいもの葉っぱが雑草の中に枯れた状態でポツポツ残っていました。「じゃがいもはあるかな?」と教師がありそうなところの土を掘ると、お兄ちゃん芋と赤ちゃん芋がコロッと3、4個出てきました。

IMG_7465IMG_0663

古森先生がみんながお世話してないから草が大喜びで栄養を取ってしまったので、じゃがいもができなかったんだね。「みんな幼稚園のうさぎさんにごはんあげるでしょう?だんごむしをつかまえたらごはんあげてる?じゃがいももお母さん芋を植えたんだよね。だから、自分で栄養がとれないんだから、雑草を抜いてあげないとお母さん芋の栄養が赤ちゃん芋ではなくて、草がとってしまうんだよ。じゃがいもも生きてるんだよ。みんなが植えたんだから、お芋が栄養を取れるように草を抜いてあげないと草が栄養を取ってしまって、お芋は大きくなれないんだよ。お芋にも命があるんだから、みんなはお世話しないといけなかったね。このいけなかったことを忘れないでね。それを反省って言うんだよ」と古森先生から教えてもらいました。そんな反省会から始まったじゃがいも掘りですが、雑草を抜いて手で土を掘ると、小さなじゃがいもがコロッと出てきました。

IMG_5680IMG_5681IMG_7470

すると、子どもたちは「ここにあったよ〜」と嬉しそうに声をあげましたが、固い土を一生懸命に掘っても2個、3個。また、古森先生から「何個あるか数えてみてね」と宿題を出してもらうと、じゃがいもを並べて「1.2.3」と数えて、小さな小さなお芋も入れて「5つゲットできたんだ〜」と話していました。じゃがいもを植えてから一度も水もやらず、草も抜かず放られていたじゃがいもです。大きく育ててあげれなかった「ごめんね」の気持ちを持ちながらの収穫となりました。

IMG_5712IMG_6139IMG_7509IMG_0698IMG_5684IMG_7467

そしてその後は、玉ねぎ抜きです。古森先生から玉ねぎを見せてもらうと、細長い根っこがあり、たくさん伸びていました。世話をしてもらえなかった玉ねぎはそこから栄養をとって頑張って大きくなることができたことも教えてもらいました。

IMG_7544IMG_7543IMG_0727IMG_0729IMG_0731

今日一日じゃがいもと玉ねぎを通して命がある物、自分たちで植えた野菜も捕まえただんごむしさん達も、お世話をしないと死んでしまうこと。お世話をする大切さを学びました。教師たちは命があるものを育てる大切さ、そして生きている虫たちを捕まえたら最後まで世話をする責任があることを子どもたちに教える立場であること。そして反省すること、反省したことを覚えて次には実行しなければ、動植物の命を守れないことも古森先生からしっかり指導され、年長の教師たちは取り返しのつかない失敗を二度としないと誓い合いました。年長のみんなごめんなさい。そして、じゃがいもと玉ねぎにも世話をしなくてごめんなさい。と心で謝ったのでした。

トラックバック
コメント (「じゃがいものお世話」きりん組 中村真衣 はコメントを受け付けていません)

2024年6月4日 火曜日

以前のブログで紹介した滑り台の設置を楽しみに、工事の方の手伝いまでしていたらいおん組のY君はまだかまだかと滑り台が使えるようになるのを楽しみにしていました。そして、本日ついに!!使えるようになったのです。所持品の始末を済ませて園庭に出てくると「あっ!!滑り台が使えるようになってる。」と一番に気が付き、目をキラキラさせて滑り台に一番乗り!Y君の声に導かれ園庭に出てきた子ども達が次々と「滑り台が出来てる!」と言いながら何度も滑っていました。また一つ、三葉の人気スポットが出来ました。

IMG_5607 IMG_5609 IMG_5619

今日は滑り台だけではありません。土の入れ替え工事が終わったのです。何も知らない子どもたちは靴を履いて外に出てくると、「ん?なんだかフカフカするぞ。」「ん?先生が裸足になってる。」「ん?工事が終わってるってことは…裸足になれる~!!」と笑顔になり、これまた次々と裸足になって園庭に飛び出してきました。

IMG_5610 IMG_5629

「気持ち―!」「さらこなみたい!」「フカフカする!」と様々な言葉で表現していました。三葉といえばやっぱり裸足!裸足になって走り回ったり、砂場でダイナミックに遊んだりが大好きです。元気いっぱい遊び、より元気いっぱいになります!!またこれからこの土の上で子ども達がどのような遊びを展開してくれるかが楽しみです。

IMG_5621 IMG_5613IMG_5611IMG_5624

今日は年少・年中児でポンタ農園にじゃがいも掘りに行きました。ポンタ農園に行ったことのある年中児は「ぽんた君がいる所や!」と嬉しそうです。初めて行く年少児は「どこに行くの?」「じゃがいもはどこにあるの?」と興味津々です。いざ、出発するとすぐ線路が見え「カンカンや!」と指を差して線路に大興奮!線路を渡ると、世界が変わったかのような、一昔前にタイムスリップしたような一面緑の山や畑に大興奮!

IMG_5631 IMG_5633

「ちょうちょがいる!」「これは何の野菜?」「わかった!これはトウモロコシや。きゅうりもある。」と一つ一つに興味があり会話になります。そんな話題の尽きない道中はあっと言う間ですぐに畑に着きました。

畑に着くと看板娘ならぬ看板犬の『ぽんた君』が出迎えてくれ、畑を世話してくださっている藤岡さんにも挨拶することが出来ました。

そして、いよいよじゃがいも掘りです。土の様子を見た園長が「この固い土は子どもたち掘れるかな?力持ちに掘ってもらってみる?」と言うと教師も認める年中の力持ちが前に出て掘ってくれました。みんなから「頑張~れ!頑張~れ!」と応援されながら掘ると力が入る入る!!「モグラみたいに掘るんよね。」と力強く掘っていきます。そして、「掘れた!」とみんなに見せるとみんなが拍手!!全部掘って数を数えると、なんと13人兄弟になっていました。そして、13人兄弟のお母さんはと言うと、13人の子どもたちに栄養を沢山上げて消えてなくなっていたのです。他のじゃがいものお母さんいもも真っ黒になっていたり、ドロドロになっていたり!園長から「みんなもお母さんのおなかにいた時にお母さんから栄養をもらってたんだよ。」と言う話を聞いた子ども達はその後じゃがいも掘りでドロドロになったお母さん芋を見つけると「お母さん芋さん、ありがとう!」と言って優しく土にかえしてあげていました。

16FDE526-1DF1-44A8-B9CC-A9CE1666204F12805807-DE0A-4B44-8527-4D8221251C81IMG_2242

A7623C5D-1A34-4F50-9922-C9D669A22CF9IMG_2131EBF25229-316C-433C-AF6B-059A75B43569

さぁ、力持ちのお兄ちゃんお姉ちゃんがじゃがいもを掘っているのを見た子どもたちは俄然やる気一杯です。自分たちの番になると固い土にも負けずいくつものじゃがいもを掘っていました。特に今日は最上級生の年中さんは、「年少さんにも掘らせてあげてね。」と言われたことで協力して掘り、あと少しで掘れそうなじゃがいもを年少さんに掘らせてくれる優しい姿も見られました。

IMG_2194IMG_2161IMG_2186

毎年ですが、三葉幼稚園のじゃがいも掘りは掘ることだけでなく、協力し合うこと、植物の不思議を知ること、命について感じること、身近な自然に触れること、お世話をして下さっている方へ感謝の気持ちを持つことなど学ぶことがたくさんあります。今回も年少児は年少児なりに年中児は年中児なりに感じることが沢山のじゃがいも掘りとなりました。お家でも話題にしてみてください。

トラックバック
コメント (「ぽんた農園へじゃがいも掘りに行きました!」  河野拓成 はコメントを受け付けていません)